• mixiチェック

知っておきたいカメラ買取で気を付けたい事

■2016/09/05知っておきたいカメラ買取で気を付けたい事

カメラ買取の注意点とは

 

今回はカメラ買取で知っておきたい

注意点をお伝え致します。

 

ここでは、A店B店を例としてご説明致します。

 

カメラ買取の際に

まずはカメラ買取査定となるのですが

電話やメール等でお店へ現在のカメラの状態を伝えます。

 

新品なのか中古なのかから始まり

中古である場合はカメラの状態

キズや汚れはないか、付属品は全て付いているのか

化粧箱や取扱説明書はあるか等が最初の査定で聞かれます。

 

そうすると、査定終了後に買取額が提示されます。

ここまではA店もB店も変わりありません。

 

それぞれの買取額は

 

A店 50,000円

B店 48,000円

 

の買取だとします。

 

ここまでの査定額はA店の方が高価買取となるので

A店へカメラの買取依頼をして送ります。

 

その後カメラを送り、「本査定」となった時に

減額となる場合があります。

 

例えば

 

・カメラにキズがありました

・付属品が欠品しています

・化粧箱に穴があいています

 

どれも僅かなものだとしても

減額対象になってしまう場合があります。

 

そして、査定額が50,000円と聞いていたものが

最終的に45,000円などと減額になってしまうケースがあるのです。

 

しかし、B店へ同じカメラを送ってみると

当初の48,000円から減額はされず

48,000円での買取が可能と言われたのです。

 

この2店の違いは何故出るのでしょうか?

 

カメラ買取マニュアルとスタッフ

A店では大きい店舗ですので

アルバイトの従業員がカメラ査定をします。

 

その場合は、既にカメラ買取マニュアルが決まっており

この商品はこの価格、そして、キズがあるかないか

付属品の欠品の金額等全てマニュアル化しています。

 

一方でB店の方は、カメラの事が分かるスタッフが対応している為

特にマニュアルがありません。

 

あるのは、現在の中古販売価格の相場表だけです。

 

その為、買取スタッフの経験や勘が頼りになります。

実際の商品を見て、

 

・この程度のキズは中古なのだから想定内

・付属品がないが減額になる程のものではない

・汚れはあるが、拭けば落ちる程度なので減額にはならない

 

等、同じ商品でも

中古市場を理解しているかどうかで

買取価格も変わってきます。

 

また、カメラを好きな人と

そうでない人が査定をすれば

気持ちの想い入れも変わってくるものだと思います。

 

カメラ買取王は減額ナシ査定

以上はあくまでも例となりますので

実際存在する店舗があるかどうかは

別となりますが、カメラ買取王では

B店に近い買取方法です。

 

そして、カメラ買取王では

最初の査定額より

基本的に減額致しません!

 

その理由は最初の状態を聞いた時に

中古カメラとしての買取相場を理解した上で

買取価格をお伝えする事と

高い金額で伝えて、お客様を後からがっかりさせたくないからです。

 

そして、何よりお互いにとって二度手間です。

 

中古カメラなのですから

新品と同じ状態はまずありえません。

 

もちろん、購入後スグにお売りされるお客様もいらっしゃいますので

全てのカメラがではございませんが

例えば液晶モニターの僅かなキズ等は

中古品であればまずあります。

 

そして、付属品が欠品している場合でも

大きく査定額が変わるものもございますが

例えばレンズキャップが無くても

カメラ買取王には他のキャップがある場合もありますので

それがあるので減額にしない場合もございます。

 

基本的に最初にお伺いした

 

・型番

・状態

・付属品(化粧箱やバッテリー)

 

等大きく金額が異なる事でなければ

最初にお伝えした買取金額で

買取させて頂きます!

 

最初にお伝えした買取金額で

カメラ買取をする。

 

これがカメラ買取王のポリシーでもあります。

 

カメラをお売りになる際は

減額される事もあるという事をご注意ください。

 

もちろん、全てのお店ではないですし

されない事も多いかもしれませんが

カメラ高価買取をご希望の場合は

カメラ買取王へお任せ下さい!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カメラ買取王
0120-929-665
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇