• mixiチェック

知って得する!CanonとNikonの違い|カメラ買取王

■2016/10/19知って得する!CanonとNikonの違い|カメラ買取王

色彩の違い

 

こんにちは

カメラ買取王の牧野です。

 

本日は昨日に続き

知って得するCanonとNkonの違いの続きをお伝え致します。

 

カメラを現像する上で大切になってくる色。

 

両者の色の違いを言うと

一般的にキヤノンは白に強く、ニコンは黒に強いと言われます。

 

中でもキヤノンは肌の質感表現に優れ、

白い肌のきめ細やかな描写はキヤノンが得意としているところの一つです。

 

CMや商品のPRでもキヤノンは子どもを多用しています。

 

これはやはり肌の質感を伝えるもの

そして、ファミリー層向け、女性向けに

販売しているキヤノンの戦略ともいえるかもしれません。

 

特にキヤノンが発売したKissシリーズは軽くて扱い易いので

女性にも愛用者が多いです。

 

逆にニコンは黒に強く、

人物の写真を撮った場合の髪の毛の描写力は高く評価されています。

 

その為、夜景を撮るならニコン、という

方もいらっしゃいますが、それ程そこは意識をする必要はないかもしれません。

 

これは前回お伝えした

撮る側を意識するのか、見る側を意識するのかにもなるのですが

ニコンは現実の色彩を忠実に再現する事を得意としています。

 

AF(オートフォーカス)性能の違い

キヤノンはAFが早く、動く被写体に強いと言われます。

つまり、スポーツや動物を撮るのに適しているという事です。

 

それに対して、ニコンのAFは遅いという評価を受けています。

 

その証拠に、スポーツ関係のカメラマンは圧倒的にキヤノンが多いです。

ではキヤノンの方がいいのか、という事になりますが

ここでもまた違いがあります。

 

キヤノンはAFが早い代わりにピントが甘いとも言われます。

反対にニコンはピントがボケないとも言われています。

 

これは両メーカーの考え方の違いのようです。

 

キヤノンは前述した通り、早い被写体の撮影を考える為

シャッターチャンスを逃さず

写真に残したい。

 

という想いがあり

それに対してニコンは

 

ピントが合っていなければ

写真としての意味がない。

 

極端に言うとこのような考え方の違いがあるようです。

 

つまり、動きのある被写体を撮影したいのならキヤノン

反対に、静止画、いわゆる風景等を撮影したいのならニコン

とも言えそうです。

 

ですが、キヤノンは肌質を得意としているので

ポートレート(人物撮影)をしたいのであれば

キヤノンの方がおすすめとも言えそうです。

 

キヤノンはファミリー層に向けたカメラ

ニコンは玄人向けのカメラと言えそうです。

 

では、また次回続きをお伝え致します。

 

ご自宅に使わなくなったカメラはございませんか?

 

使わなくなったデジカメは

カメラ買取王が高額買取致します!

 

カメラ査定はもちろん無料!

 

カメラ売るならカメラ買取王へ!

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カメラ買取王
0120-929-665
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇